2019年2月15日(金)の記録

お疲れ様です。
2019年2月15日のFX記録をまとめています。

ニューヨーク外国為替市場概況

参考レンジ
[USD/JPY]
110.50円 - 111.13円
[EUR/USD]
1.1250ドル - 1.1310ドル
[EUR/JPY]
124.75円 - 125.46円

ドル円は米経済指標が弱く、米株の売りが先行しましたが、対豪ドルやユーロなどでのドル強含みが支えとなった結果、下げ渋りの動きとなりました。
ユーロドルは豪ドル下落による対豪ドルでのドル高に影響され値幅を縮小し、上値が重い推移となっています。
ユーロ円はユーロドルの上値の重さとドル円の反発力に鈍さが影響し、本日安値を124.75円まで更新しました。

ディーラー発 ドル売り一時強まる

ニューヨーク午前、米経済指標の一連の結果が予想を下回り、ドル売りが強まる展開となりました。ドル円は米債利回りの急低下にも押され110.50円まで大きく値を崩し、ユーロドルは1.1390ドル付近まで水準を切り上げる真弁がありました。

2月15日の主な出来事

10:30 中国1月生産者物価指数(前年比) +0.1%
前回+0.9%
予想+0.2%
10:30 中国1月消費者物価指数(前年比) +1.7%
前回+1.9%
予想+1.9%

18:30 英1月小売売上高(前月比) +1.0%
前回-0.9% (-0.7%)
予想+0.2%

19:00 ユーロ12月貿易収支(季調済)+156億ユーロ
前回+151億ユーロ (158億ユーロ)
予想+157億ユーロ

19:34 習・中国国家主席
「通商協議で重要な問題について新たな進展があった」
19:40 ムニューシン米財務長官
「合意への期待は維持されているが、解決しなければならない問題は多く残る」
「今回の協議で新たな進展はあった」

クーレECB理事
「ECB、新たな長期資金供給オペ(TLTRO)可能、現在検討中」

22:30 米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数 8.8
前回3.9
予想7.0
22:30 米1月輸入物価指数(前月比)-0.5%
前回-1.0%
予想-0.1%
23:15 米1月鉱工業生産(前月比) -0.6%
前回+0.3% (0.1%)
予想+0.1%
米1月設備稼働率 78.2%
前回78.7% (78.8%)
予想78.7%

24:00 米2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 95.5
前回91.2
予想93.0

30:00 米12月証券投資 -331億ドル
前回+310億ドル (321億ドル)

デイリーSF連銀総裁-WSJ
「今年は利上げの必要ない」